5年前はまだ札幌にいて

14時46分は丁度仕事中でした。

耐震性の高いデパートで働いていたので、

揺れたのはほんの少し。

その後、従業員休憩室にある大きなテレビにみんな集まっていて

その時にことの重大さを知りました。

テレビに映る映像も、文字も全然信じられなくて、、、

たくさんの人が亡くなり、たくさんの人の行方が分からなくなっていました。

翌日も普通に仕事でした。

スーパーにはある一定の商品がないことはありましたが、不自由なほどではなく。

普通に生活ができていました。

翌月に上京することを止められましたが、予定を変更することなく東京に引っ越しをしました。

東京に来たばかりのころは、余震も多く、節電で街は暗く、スーパーやコンビニは十分に商品が揃っていませんでした。

東京で出会う人は3.11の日の事をよく語ってくれました。

その日ちょっと揺れただけの私は何だか居た堪れなくて、ニュースや記事を読みなおしたり、募金箱を見たらとにかく募金をしました。

それから5年経って、1日が終わりました。

14時46分は渋谷にいて、相変わらず賑やかだったので、

少し道からそれた所で黙祷しました。

亡くなられた方、今も行方が分からない方、被災された方のことをただただ祈りました。

目を開いて、思いました。

今生きている事のありがたさ。

生きている事に何かしらの意味があり、またその意味を生み出したいと切磋琢磨していて

だけどいつ、どうなるか分からない。

だからこそ、何気ない一瞬一瞬をちゃんと感じて生きていきたい

感じられるという事は「生きている」から

それができる私たちはみんな素晴らしい存在。

精一杯生きよう。

そう思えた一日でした。

wpid-img_20160312_0045400211