ポーズを綺麗にとるにはどうしたらいいですか?

と、しばしば聞かれます。

 

綺麗も汚いもないかなと思いますが、

綺麗なポーズは力みすぎてる所がなく

身体が程よく心地よい伸びを感じられている事だと思います。

その反対に力みすぎて身体は緊張し、

辛さや苦しさばかりが頭の中を巡り、

その頭の中の緊張がさらに身体を緊張させてしまいます。。。

 

女性・トレーニング

 

 

 

 

 

 

先日もチャレンジなポーズがありましたが、終わったあとの感想が

『キツかった~~~×9』

確かにキツいポーズもあります!

クラス名が『やさしいヨガ』という名前ですがその名前、ウソだぁー!!
って言われることも。。。

だって正式名称は『やさしい(気持ちで教えます♡)ヨガ』なんですもん。

 

チャレンジングなヨガのポーズで最初に訪れるのは

できるかな?という不安。

そして、周りの人はできていて自分は出来ていない…という焦りや恥ずかしさ

そして身体の辛さや苦しさ

できるか不安…できないと恥ずかしい…ツライな…キツイな…苦しいな…

そんな事ばかりを考えていたら、

そのポーズをいつしか嫌いになってしまうかも知れません。

ネガティブなことばかりを考えてしまう意識を違うところに向けてみる。

例えば呼吸とか。

身体が今どんなふうに動き、働いているかとか。

辛さ、苦しさ以外にも感じられる感覚があるはずです。

 

ただただ感じてみましょう。

 

p=219_2

 

 

 

 

 

 

ネガティブなことばかりではなく、

少しずつ心地のいいところが見つかるようになりますよ!

ちょっとずつ、前向きにポーズを捉えることができる様になってきます。

 

そうしているうちに、綺麗なポーズになっているもんです。

 

形、外側の外見に捉われずに、

もっともっと自分の内に世界を広げてポーズを味わってみましょう!

「綺麗なポーズ」に捉われる自分もどこかへ行ってしまうかもしれませんね(^^)