ヨガとストレス

 

昨日、最後のレッスンはプライベートヨガレッスンでした。

 

デスクワークのお仕事や身体の歪みで

溜まったお疲れを癒したいとのことで、

電車で片道1時間半かけて、はるばるお越しいただきました。

 

5分間のシャバーサナでは

とても安らかなお顔をしていて、、、

わたしも一安心でした。

 

毎日のストレスや身体の緊張を抱えたままの眠りにつくと

朝起きても何だかすっきりしない…

 

疲れやダルさは残ったまま

1日どんな事があったとしても

眠る前には不安を和らげてあげることが

深い眠りへと導き、心と身体を癒す

本来の眠りの役割を果たします。

 

不安や心配や恐怖心は

心だけでなく、

身体もこわばらせていきます。。。

 

わたしはホラー映画、サスペンス映画、

ハリーポッターですら…
(ハリーポッター結構怖いですよね…)

見終わった後は全身が筋肉痛。。。

なので、滅多にみません!

お化け屋敷も絶対にいきません!笑

 

常に次に来る不安と恐怖に怯えながら

前に進んでも、ゴールは一向に見えてはきません。

 

本当の道は今に足を下ろしている所を

ちゃんと見ること、感じること。

ゴールは向こうから、ここだよ~って。

近寄ってきてくれる気がします。

 

それに気付けるよう、五感を研ぎ澄ませること大切ですね。

 

さて、ちょっとお勉強したこと
ひけらかしてみたいと思います😁

 

不安や恐怖などのストレスは脳の一部である「扁桃体」という部分です。

サイズは1.5cm。
アーモンド形をしているそうです。

この扁桃体で感じる不安などのネガティブな感情が大きくなると

発汗や腹痛、震えなどを引き起こします。

緊張してお腹が痛くなったり、、、冷や汗をかいたりするのがまさにコレですね!

 

さらにストレスを受け続けると

扁桃体がパニックになり、うつ病などの原因のひとつにもなりうるそうです。

 

ヨガはこの扁桃体を暴走させないように

扁桃体を鍛える効果があるんですよ!

 

身体や呼吸に集中を向けることで

心の大暴れ(扁桃体)は徐々に鎮まっていきます。

 

そして今を観ること。

自分の今を肯定、認めてあげること。

愛情をもって包みこんであげること。

(赤ちゃんのポーズは最適ですね)

そのまんまの『今の自分』を感じてあげることを

ヨガの時間を通して行っていくと

ストレスを受けても動じない強い心が養われていくというわけです。

 

他にも

『自然を感じ、空を見ること』

『声や感情を思いっきり吐き出すこと』

『鏡を見て笑うこと』

『タンパク質をとること』などが

扁桃体を鍛え鎮める効果があるそうです。

 

要約するとですね、、、

戸田公園でパークヨガ。

超キツいポーズを笑顔でキーープ

大きな声でシマシマ(マントラ)を歌い

顔ヨガで更にBIGスマイル♡

終わったらみんなでお肉を食べる!

これで、完璧です!!

 

ストレスを溜め込み、そのストレスをどうにかしたくて

ヨガをはじめる方がとても多いです。

 

時々、ヨガしてるからストレスを感じないんでしょ?と言われますが…

いやいやいや、そこまで人間離れしてないですよ~。

 

わたしも皆さんと同じように

ストレスを抱えます。

 

ただ、めちゃくちゃ短気で

いつもプンプン超釣り目だった私が

今、すこし穏やかに見えるとすれば

それは間違えなくヨガをはじめたから。

ヨガを練習しているから。

と、胸を張って言えます!

 

空の表情や、季節の移り変わり

人の優しさと笑顔と心のあたたかさに

こんなにも幸せをかんじられることを

ヨガをするまで知りませんでしたから。